故人を供養する際に知っておきたい情報について

遺品について

故人の遺品に関して、思い入れがあるために整理が出来ないという方が多くあります。遺品処理の代行を行なっている専門業者に委託することによって円滑に遺品を整理することが出来ます。

弔問客の対応

一括で多くの業者の中から見つけることができます。墓石の注文はここへ。購入を考えている場合に相談してみませんか。

プロのスタッフが効率良く対応してくれるので忙しい方にピッタリ!大阪で遺品整理を依頼する予定があるならコチラをオススメしますよ。

弔問に来て下さる様々な人々

愛していた家族がなくなり途方に暮れて、お通夜、火葬、葬儀をしなければなりません。そんな故人はいろんな人から愛されていたはずだからです。遠方より足を運んで下さる弔問客もいます。そんな方々のため、これから残された家族がしっかりと生きていくためにもお葬式は大切な儀式であると考えます。悲しいながらも弔問して下さった方々と個人の思い出を話すことによって少しづつですが気持ちの整理に役立っていくはずです。葬儀が終わり静かになると、途端に寂しさが襲ってくるのは誰にでもあることです。初七日の法要をし、4 9日までに納骨を済ませるのが一般的です。また香典返しも4 9日までに済ませると良いでしょう。香典返しは様々なものがあります。

感謝の意を表したい香典返し

1口に香典返しといっても、その葬儀の形によって香典返しも変わってくると思います。今徐々に増えてきている家族葬儀といったものであれば、本当の身内、ごく近しい親族のみで行われる葬儀ですので、個人を思い出させるような香典返しでもいいでしょう。実際そのような物を選ぶ人が多いようです。しかし会社関係などの弔問客が多い場合は生前お世話になったことを感謝する意味でも、カタログタイプの香典返しを利用する人が増えてきています。カタログタイプですと賞味期限があるようなものであっても弔問客の都合によって選ぶことができますし、何より弔問に来て下さった方が必要と思えるものを選んでくださするはずです。ですから弔問に来てくださった方にとっても葬儀執り行った家族にとっても本意であるはずです。

中原区の葬儀場なら│セレモニアグループ

散骨に関して

死後迷惑を掛けたくないということから、散骨を希望する肩はおおくいます。散骨を行なう際には気をつけなければならないことがいくつかあります。知識のある専門業者に委託しましょう。

香典返しのマナー

香典返しは、故人へのお供えに対するお返しの品です。香典返しは地域性や信じている宗教などでも大きく変わります。近年は選ぶ事ができるカタログギフトの香典返しなどもあります。

火葬に関して

葬儀を行う際には、多大な出費になります。自分の死後、家族に金銭的な負担をかけない為に火葬のみを行なう火葬式を希望する方が増えています。直葬などとも言います。トラブルを避けるためじゅうbんな説明を親族にしましょう。

Copyright (c) 2015 故人を供養する際に知っておきたい情報について all reserved.