故人を供養する際に知っておきたい情報について

遺品について

遺品は大切に扱われて当然

一人住まいの方々にとってみれば、家財道具は長くお世話になり自分の生活を手助けしてくれた大切な仲間のような存在と言ってもいいのではないでしょうか。自室に一人でいても精神的に落ち着ける、安心してホッとできる場を演出してくれていたのは、紛れもなく家財道具たちなのです。 遺品は死んだ人が使っていたから気味が悪いという人もいますが、生きているうちはごく平然と使い、死んだからと言って気味悪がるのは何か変です。それは周りの人が区別をするために勝手につけた名称なだけです。自分の遺品を誰かに引き継いで使ってもらえたらうれしいという気持ちと、もったいないから無駄にならないようにと思っている方が大多数です。ですからこの思いが残った家財道具たちを粗末に扱うということはあってはなりません。

思い出が詰まっているから遺品整理ができない

最愛の人がなくなりその人が利用していた家財道具を処分する遺品整理は、思い出が詰まったものが多数ありなかなかスムーズにできる作業ではありません。遺品整理をしていると、生前の姿が思い浮かび涙を流すことすらあります。遺品が多数にのぼり遺品整理も大変になることもあります。そんな時、遺品整理を業者に任せてしまうという選択肢もあります。思い出が残っている品物だけを自分で整理し、あとは業者に処分を依頼するという方法です。 現在では遺品整理を請け負う業者も多数あり早く安く整理作業をすることが、可能になっており遺品のリユースに力をおいている業者もあります。 最愛の人がなくなりショックなのは誰も同じことです。生きている人は亡くなった人の思い出を胸に、そこから一歩前進して自分の人生を歩んでいくということが重要だと思います。

Copyright (c) 2015 故人を供養する際に知っておきたい情報について all reserved.