故人を供養する際に知っておきたい情報について

香典返しのマナー

最近の香典返しの時期とは

 香典返しとは、通夜や葬儀で金品などを故人にお供えしてもらったお返しとして送る品のことです。 本来の香典返しを送る時期は、四十九日の法事を終え忌明けとなってから送るのが正しい時期となりますが、遠方からの参列者で挨拶に伺えない場合があったり、挨拶に伺い時間をとらせてしまう事を懸念して、通夜や葬儀の会場で当日に渡し、自身で持ち帰ってもらうというかたちが増えてきています。 このようなかたちが主流となりつつありますがやはり地域性のあるものですから、地域の方や葬儀を執り行う葬儀社に確認し、自身の周辺地域の習慣に習って選択する必要があります。 また香典返しとは仏式に持参する香典のお返しであり、神式やキリスト式ではまた別の呼び方となります。

マナーに気を付け何を贈るか選びましょう

 香典返しでは、「人の死」という不祝儀を後に残さないという意味で何を贈るのかに気をつけなければなりません。避けなければならないのが使ってなくならない物、後に残ってしまうものです。 逆にすぐに使ってしまえる物、後に残らない物を選ぶことがマナーとなっており、好まれるのはお茶やお菓子、砂糖などの食べてなくなってしまう物や、ビール券などの使ってしまえる物も喜ばれます。 最近では、カタログギフトなども香典返しとして使われるケースが増えてきており、好きな物を選んでもらえることから人気となっています。 また香典返しには、挨拶状や御礼状を添えるのがマナーであり、失礼になってしまわないよう必ず添えるようにし、より感謝の気持ちが伝わる物を選びましょう。

Copyright (c) 2015 故人を供養する際に知っておきたい情報について all reserved.