故人を供養する際に知っておきたい情報について

散骨に関して

散骨の希望者が増えている

核家族化の進行につれて、死後に迷惑を掛けたくないと思う人が増えてきています。墓を作ってお参りしてもらうことも迷惑をかけるということで散骨を希望するケースがあります。現在のところ、散骨を禁止する法律はありませんので、希望すれば実施することは出来るようになっています。散骨に際してもきちんとお祈りをしてから骨を撒くようにしなければなりません。既に散骨を専門に扱っている業者が出て来ています。現在は海に撒くというコンセプトで事業を展開しています。希望者がある程度纏まってから一斉に行いますので、一人一人に掛かる費用は少なくて済むことが業者に依頼するメリットです。事前に家族で十分に相談をしておくことが重要です。

希望内容をよく聞いておく必要がある

散骨業者に依頼をする場合は骨を撒く場所がある程度限定されるので、希望している本人に事前にどこに撒いてほしいのかを確認しておく必要があります。パンフレットを取り寄せて、散骨をする海域を確認しておけば希望の場所に専門業者に依頼して比較的コストを抑えることが出来ます。業者は散骨を船で行うわけですが、実施する際に献花をしたうえでお祈りをしてくれます。また、当日の様子は写真にして記録を残してくれます。散骨を希望するということはお墓を作らないことを意味していますので、その後のお参りは自分の家で行うだけになります。今後は一生結婚をしていない人や宗教を信じていない人の増加が予想されていますので散骨を希望する人は相当増えるのではないかと思われます。

Copyright (c) 2015 故人を供養する際に知っておきたい情報について all reserved.